基本中の基本 ハイ・ローオプション


  • herバイナリーオプションの基本中の基本であり、もっともポピュラーなものが、ハイ・ローオプションです。レートが上昇するのか、あるいは下落するのかを予想するだけという、極めてシンプルな投資方法が、投資の初心者を始めとして、多くの人たちから支持を集めています。

    投資はリスクが高いと、怖いイメージを持っている人は、少なくありません。特に日本は欧米に比較して、経済教育や投資に関する教育が遅れていると言われています。しかしバイナリーオプションは、あらかじめ利益を損失の範囲が限定されていることからすれば、それほど怖いものではありません。利益と損失の範囲が限定されているというのは、その投資に成功すれば、あらかじめ決められている割合の配当金が手に入り、失敗すれば投資した金額だけが没収されることを指します。この点が、株の先物取引とバイナリーオプションが大きく違う点です。

    そしてそのバイナリーオプションの中でも一番人気のハイ・ローオプションでも、その特徴は変わりません。またバイナリーオプションの中でも、予想が簡単なために、予想を当てた時に受け取ることができる配当金の割合であるペイアウト率も、比較的小さめに設定してあります。

    ハイ・ローオプションは、バイナリーオプションを取り扱っている業者であれば、すべての業者が取り扱っています。そして業者選びでポイントとなるのは、取扱いの銘柄の豊富さと、満期時間の設定の充実度にあります。そしてここで知っておきたいのは、バイナリーオプションにおける国内業者と海外業者の違いです。日本国内でバイナリーオプションを取り扱っている証券会社では、自主規制があり、現在では満期時間が2時間以上のものしかありません。それに対して海外のバイナリーオプション業者では、最も短いものなら60セカンドやターボオプションなどと呼ばれる60秒で結果が出るものから、2分や5分、数十分から数時間など、多様に用意されています。また取扱いの銘柄数についても、国内業者のほとんどが数種類なのに対して、多くの海外業者は十数種類もの通貨ペアを用意してます。

    確かに他にも違いはあり、日本国内の業者にも良い所はありますが、バイナリーオプションの最大の特徴である短時間取引ができないというのは、致命的なことと考えても良いかもしれません。

    バイナリーオプションで利益を挙げるには、選択肢が多いことは有利になります。それは取引内容が一番シンプルなハイロー・オーストラリアであっても同じです。何事もただ多ければ良いというものではありませんが、少しでも充実した環境で取引を行うことは、投資で成功する近道と言っても良いでしょう。