レンジオプション(境界オプション)


  • hereバイナリーオプションの中で、一般的なものの1つに、レンジオプション(境界オプション)があります。ハイ・ローオプションでは、レートが高くなるのか、あるいは下落するのかのどちらに動くのかが予想するポイントになります。しかしレンジオプションでは、レートの動きの大きさ、あるいは小ささが判断のポイントになります。

    レンジオプションでは、あらかじめレートの上限と下限が設定されています。そして満期時に、その設定された範囲にレートが収まるのか、あるいは収まらないのかを予測するのです。つまりレンジオプションでは、満期までの時間内のレートが予想とまったく違う動きをしたとしても、満期時にその範囲内に入っていれば良いのです。タッチオプションと似ていますが、タッチオプションの場合は、満期までの間に一瞬でもレートを超えてしまったら終わりになりますが、レンジオプションでは、途中経過は全く関係なく、満期の時のレートのみで判断することになります。

    このレンジ型オプションの場合も、基本的なハイ・ローオプションに比較して、予想の仕方が若干複雑に難しくなるので、比較的高いペイアウト率が設定されます。

    レンジオプションも、現在は学生や時間のない方々が手軽に取引できるバイナリーオプションを取り扱っている業者のほとんどで購入できるので、業者選びの際の差別ポイントにするには、少々難しい面があることは否めません。やはりここでも、他の種類のバイナリーオプションも含めて、満期時間の品揃えの多さや取扱銘柄の豊富さに注目することになります。

    また業者選びの中で、意外と大きなポイントになるのは、取引が可能な時間帯です。現在バイナリーオプションを取り扱っている業者は、国内の証券会社の他に、海外の証券会社やバイナリーオプションの専門業者があります。この海外FXと海外バイナリーと言えばこのサイトも同時に見てもらいたいのですが、バイナリーオプションの取引ができる時間帯は、基本的に市場が開いている時間帯になります。つまり日本国内の業者であれば、日本の市場を対象に取引を行うので、平日の日中の時間帯が中心となります。しかし会社員などの人たちは、その時間にはあまり取引ができないという現実があります。しかい海外業者であれば、日本では夕方から夜の時間帯に市場が開いているために、その時間に取引ができるということになります。この点は、バイナリーオプション業者を選択するうえで、重要なポイントになるかもしれません。

    また業者によって違うのが、ペイアウト率の設定です。すべてのバイナリーオプションや銘柄に対するペイアウト率を、事前に調べることは不可能ですが、最大のペイアウト率がどれくらいになっているのかは、1つの目安になります。同じものを予想するのなら、少しでもペイアウト率が高いほうが、効率的に利益を上げることができるということになります。